ネクタイの黄変修復事例です。襟首の古い皮脂汚れが蓄積して黄変したものです。このような黄変はクリーニングしただけでは、落ちません。シミ抜きによる修復となります。ネクタイの色はシミ抜きによって落ちやすいですので、なるべく色が落ちないように処理した後、色修正による修復となります。ネクタイの古い黄変修復もご相談ください。

[`yahoo_buzz` not found]
LINEで送る